ビタミンCの天敵はトマトとキュウリだった

サラダってとても健康的で体に良さそうですよね。使う物にもよりますがレタスなど使っていれば食物繊維も豊富で体にも美容にも良い食べ物だと言えます。

そんな素晴らしいサラダですが、ある食材を組み合わせると台無しなってしまうのです。

その組み合わせとは「トマト」と「キュウリ」です。

私がサラダを作る際のお話ですが、ポテトサラダを作った時は見た目に華がないのでお皿に盛りつける際にトマトとキュウリを上に置きます。

これで赤と緑が増え見た目も良くなります。さらに体にもお肌にも良いイメージがあるので良いだろうと今まで思っていました。

しかし「トマト」と「キュウリ」とは最悪な組み合わせで、なんとこの組み合わせにより犠牲になる成分がでるのです。

その成分とは「ビタミンC」です。

ビタミンCとはお肌に良いものですので、この組み合わせによりせっかくのサラダも効果激減という悲しい末路を迎えてしまいます。

この組み合わせはビタミンCの吸収ができなくなるので、サラダを食べる目的が美容の為という方は、この組み合わせにならない様にしましょう。

ただサラダとはこの組み合わせでなくても様々なバリエーションがありますので問題は無いかと思います。

一応ビタミンCがいかに重要かをまとめています。

ビタミンCの効果

  • ビタミンCは抗酸化力が強いので活性酸素から細胞を守り肌の老化を防ぎます。
  • メラニン色素を制御しますので、シミの予防や改善の効果があります。
  • コラーゲンの生成を促進しますので、肌に弾力を与えます。
  • ニキビ予防
  • 毛穴を目立たない様にする

という具合に、ビタミンCとは美容を考えている人にとって、なくてはならない成分になっています。

皆さんこのビタミンCをおいしく有効に摂るためにサラダを食べていると思いますが、トマトとキュウリを一緒に摂ると台無しになるので注意が必要です。

あとビタミンCが不足すると老化の原因になりますので、特に美を気にしている方はしっかりとビタミンCを摂ることをお勧めします。

ちなみにビタミンCが多く含まれている食べ物は「イチゴ」・「柿」・「みかん」・「グレープフルーツ」・「赤ピーマン」・「ブロッコリー」・「イモ」・「アセロラ」等になっています。

これら食材が苦手な人はサプリメントなどから摂ってみてはいかがでしょうか。