なぜワカメとネギは組み合わせは悪いのか

皆さんお味噌汁の具材は何がすきですか?

私の場合1位は「ネギ」で2位は「ワカメ」となっています。

何と私が愛するお味噌汁の具の1位と2位は最悪の組み合わせだったのです。

最悪と言ってもカルシウムの吸収率が低下するだけであって深刻な問題を引き出すものではないのでそこまで心配しなくても良いでしょう。

しかしカルシウムとは根本的に不足している人が多い成分であることは間違いありません。

カルシウムは成長期にも必要ですし、特に高齢者の方は骨粗しょう症の予防にも必要な成分ですので、少しでも多く摂った方が良いでしょう。

もしカルシウムが足りていないと思った場合は、ネギとワカメのせいでさらに少なくなっているので、そこを計算しつつ牛乳やチーズなどで補う事をお勧めします。

せっかくなのでこのページではカルシウムについてお知らせしておきます。

カルシウムとは

まずはカルシウムの効果について以下にまとめます。

  • 骨や歯を作る
  • 骨粗しょう症の予防
  • 血液が固まるのを助ける
  • ストレスをやわらげる

ご存じ方も多いのですがカルシウムと骨とはかなり深い関係性があります。もちろんカルシウムが不足すれば骨粗しょう症の原因になりますので注意する必要があります。

特に高齢者の方は、ネギとワカメの組み合わせの前にしっかりと計算してカルシウムを摂ることをお勧めしています。

カルシウムの一日の摂取量は成人男性で700mg~800mgと言われていますが実際は500mg~600mgしか摂れていないと言われていますので、基本的に日本人はカルシウムが不足していると言えます。

そしてそこにワカメとネギを摂ったらさらに減ってしまうので、注意して下さい。そもそ牛乳を飲む家が減っています。

毎日パンとコーヒーを飲んでいる人が、パンと牛乳に変えるだけでカルシウム不足はかなり解消されると思いますがそうもいかないのも事実です。

その為、カルシウムをサプリメントで摂られる方が増えてきています。正直な話サプリメントで摂るくらいなら牛乳を買えよと思いますが、それほどまでに牛乳嫌いな人が増えてきた結果だとも言えます。

ネギとワカメは確かにカルシウムの吸収を悪くしますので問題なのですが、それ以前にカルシウムがこの国では足りていませんので、食事やサプリメントなどからしっかりと摂取する様に心がけてみてはいかがでしょうか。